ドレスデン絵文書に描かれている意味


ドレスデン絵文書を ご存じだろうか?

赤や黒の文字で 書かれている

この書は 今 話題になっている

終末論の 要素となる 重要なものでもある

 

ドレスデン絵文書の 詳しいことは

こちらから 参照ください。

ドレスデン絵文書とは?

このような感じの 絵文書。

この 絵文書の・・・

最後のページに

西暦2012年に 描かれていることが

人類の滅亡をイメージさせるものだとして

騒がれている。

しかし マヤ人のゆかりの人たちは

こういっている。

 

「ドレスデン絵文書に 描かれている

破滅のシナリオは そのままをとらえるのではなく

そういう流れに対して どう行動するのか?

を 問われているのだ」

 

まさに そうだと思う。

車を 運転したら 事故にあうかもしれない。

だから 保険に 入る。

という感覚で とらえてみては

どうだろう?

 

自然の流れ 宇宙の流れ が 破滅のリズムを

刻むかもしれない 

だから 人間は どうするのだ?

 

という 問いを 投げかけているのだと

真摯に とらえれば

なぜ そうなるのかを

いろんな 角度から 見ることができる。

 

太陽の動きや 地球の環境

考えられることは いっぱいある。

 

年末での 警告ということもあって

人の気持ちも 薄らぎやすい傾向にあるが

今 生きている 環境に 感謝することだけは

できるであろう。

 

生きていられるのは 自然や 宇宙の恩恵も

あるのだから・・・・

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

マヤ文明