最新情報

News~古文書
地下の双子の物語
News~古文書
双子の物語
News~古文書
ポポル・ウブ
神話
マヤ文明に伝わる神話
News~マヤ文明~
最近見つかったマヤ文明のピラミッド(2)

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

地下の双子の物語

双子の兄弟の名前は

フン・フナブと ヴクブ・フナブ

老神 夫婦の子である。

二人は 芸術家の気質をもち 聡明な知者であった。

また ペロータが大好きだった。

ペロータとは 古代メソアメリカで広く行われてた

神聖な球技のことである。

彼らがペロータをする場所は

この投稿の続きを読む »

タグ


双子の物語

ポポル・ウブの話は 以前お伝えしましたね。

この本の中の2部と3部には

双子の兄弟の話が描かれいます。

2部は 地上での物語。

3部は 地下での物語です。

今日は

この投稿の続きを読む »

タグ


ポポル・ウブ

ポポル・ウブとは、マヤ文明には

よく出てくる言葉ですね。

これは 古代マヤ 古代メソアメリカに伝わる

宗教的伝統 分が敵伝承を物語にしたものです。

古代マヤ人は、

この投稿の続きを読む »

タグ


マヤ文明に伝わる神話

昔、アダムとイブが・・・・という神話を

ご存じだろうか?

マヤ文明でも こういう天地創造の

神話が存在している。

ご紹介しよう。

この投稿の続きを読む »

タグ


最近見つかったマヤ文明のピラミッド(2)

最近見つかったマヤ文明のピラミッドの構造をお伝えしようと思う。

7層に分かれたマヤ文明のピラミッド

このピラミッドは、なんと7つの層から構成されている。

内容は、写真に記載されてある表記のとおりであるが

内部は、王宮や寺院、行政機関や住居など、それぞれの階層が役割を持っている。

実は、マヤ文明では珍しい形態のピラミッドであり、

ひとつのピラミッドで政治、経済、社会、宗教といった様々な機能を兼ね備えているのは

とても珍しいことである。

マヤのピラミッドは、スペインが占拠した前にマヤ人だけで

作られたものであり、このピラミッドは古代マヤ人が

作ったものだということも解明されている。

 

今回の発見により、マヤ文明の新たな側面が判明した。たんなる丘だと思われ続けていたものがピラミッドだという発見がさらなる発見を・・・・と

期待できそうである。

まだまだ他にも見つかっていない遺跡がいくつも眠っていると思うと、マヤ文明に深く興味を注がれるのは私だけだろうか?

 

 

タグ


最近見つかったマヤ文明のピラミッド(1)

まずは、その画像を見てもらおう。

マヤのピラミッド

うっそうと生い茂った森林に埋もれていたそうだ。

かなり大きい様子がうかがえる。

マヤのピラミッドは古代から

何度も何度もリフォームというより

増築して大きくしている。

その様子も写真をみて うかがえる。

今まで山だと思われていたために

発見が遅れたが 今でも残っているというのは

奇跡としか言いようがない。

なぜなら このピラミッドは、1700年前のもので、

高さは75m、同じメキシコの古代都市「テオティワカン」にある

「太陽のピラミッド」の高さ65mを超える大きさだというではないか!!!!

あのテオティワカンを超える大きさというのだから マヤ文明に詳しい人には

衝撃のニュースである!

国立考古学歴史研究所(INAH)が2010年から調査を始めて、

2年間にわたって調べていたところ発見できたという。

公開するのに、時間を要したがこれだけの規模である。

全貌を公開するには、そうとうの時が流れたのもうなずける。

このピラミッドの概要を次の記事で取り上げようと思うので

お楽しみに・・・・・

タグ


マヤ人による『死』についての考え方

マヤ人の考え方は かなりリアルだと思う。

普段 わたしたちは 『死』については

さほど 頻繁に考えることはない。

しかし マヤ人は 『死』についての理念が

神話でも うかがえるぐらい 生活に密着していた。

そのひとつを ご紹介しよう。

”死者の魂は 暗闇を彷徨う そのため道案内である犬に導かれて

恐ろしい水の道を進み 数々の困難を乗り越えなければ 来世での安堵は

得られない”とされている。

あの世の道案内が 犬と 言われているのも

独創性があって 興味をそそられる。

しかし その道案内がなければ こうもりの館で 

血を抜かれて

永久に あの世を彷徨うと言われているのだから

犬のいうことを 聞く方が賢明だろう。

実は 水の道を歩くというのは マヤ人が生活していた環境に

大きく反映されている。

メキシコのユカタン半島では 多くの洞窟が発見されている。

ほとんどが 水没していて 潮が引いたときにしか

通れない洞窟もあるのだが

その洞窟の行先には 神殿が祭られているのです。

また その 洞窟には 神殿だけではなく

巨大な石柱や祭伺の彫刻なども 多く発見されている。

しかも 人骨や陶器なども見つかっているのである。

これらの発見によって わかることは

マヤ人は 『死』への導きである 水中神殿を

建造していたということだ。

この水中神殿は ユカタン州の州都メリダのタツィビチェンという村に

存在している。

死してもなお 安楽を得るために 試練が与えられるというのは

私たちにも なじみが深い 閻魔の裁きを受けて

針地獄や 火あぶりの刑などに 処せられる有様に

通じるところがある。

マヤ神話が 洞窟によって 裏付けられたという

『死』による 観念。

1TJWAUsujeYMmI41389525432_1389525545

あなたは 『死』について 考えたこと

ありますか?

 

 

 

 

タグ


ピラミッドからのサイン

全国各地に ピラミッドは

多く存在します。

中国にも ピラミッドがあること

ごぞんじでしたか?

この投稿の続きを読む »

タグ


ポポカテペトル火山 大噴火!

メキシコ市から南東約55キロにある

ポポカテペトル火山が14日夜、

噴火を始めた。

0130516at10_t

 

 

 

 

 

去年から 

この投稿の続きを読む »

タグ


2014AZ5 小惑星

2014AZ5

もう このニュースをご覧になっただろうか?

くわしくは ↓こちらでご覧ください。

http://news.infoseek.co.jp/article/shupure_15695

さてさて 時期として

この投稿の続きを読む »

タグ


このページの先頭へ

ようこそ!News.mayan.worldへ